小さい頃から悩んでいたアトピー性皮膚炎

私は小さい頃からアトピー性皮膚炎です。

今はだいぶ落ち着いてきてはいますが、酷い症状でずっと悩んでいました。

まず、アトピーといったら「痒い」が有名だと思うのですが、

本当にその通りで、何をしている時もとても痒く、常に血だらけで肌はかさぶただらけ。

私は特に肌が柔らかい関節の部分と首、頭に症状がありました。

寝ている間もいつの間にか掻いてしまうので、爪は深爪にして手袋をつけて寝ていました。

もこもこのかわいい服も痒くなるのでダメ。

ぬいぐるみもカーペットもホコリが付きやすいのでダメ。(ホコリで痒くなる場合があります)

また、治療に使うステロイド剤もずっと塗っていると肌が黒くなります。

もちろん私の肌も真っ黒でした。

掻きむしってボロボロで真っ黒になった肌を誰にも見せられず、水着や露出する服も着る事が出来ませんでした。

周りの友達で同じ症状の子はいないし、家族にも誰もいなかったので

何で自分ばっかりと、思春期の頃はとても辛い思いをしていました。

また、こんな汚い肌を彼氏にも見せる事なんかできないと、ずっと彼氏は諦めていました。

http://metislausanne.com/

20代後半ぐらいから、なぜかアトピーの症状がだんだんと収まっていきました。

何も生活を変えていないのに です。

アトピーの症状は大人になると段々と弱まるというのを聞いた事があったのですが、

もしかしたらこれなのかもしれないです。

今はイライラした時と花粉が酷い時期以外はほぼ痒みは収まりました。

その後、何人か彼氏も出来ました。が、痒いのが収まったとはいえまだ肌は黒いので

付き合う前にちゃんとアトピーと伝えるようにしています。

酷い時を見ていないせいか、意外と周りは気にしていないようです。

まだまだ肌は黒い部分がありますが、今ではアトピーと言っても信じられないくらい肌が綺麗になってきました。

皮膚科も数年に1度くらいしか通っていません。

アトピー持ちの子の肌は、言われなくてもすぐわかります。

いつか絶対よくなるよ、大丈夫!と心の中でエールを送りたいです。