究極の減量メシ「沼」

美味しい・簡単・安価と3拍子揃っている究極の減量メシの「沼」筆者はこのメニューを平日取り入れて休日は通常のメニュー食べたいだけ食べる所謂置き換えダイエットで減量に成功した。厳密に言えば体重は変わらず体脂肪を3%落とした。沼と聞いて真っ先に思い浮かべるのは「本当に食べ物?」かと疑問出るところではある。

ベルミススリムタイツを購入して着用した私の口コミ&評価!

このメニューはYoutuberであるマッスルグリルのシャイニー薊氏が考案した炊飯器でお手軽に作れてしまうメニューだ。シャイニー薊氏は現役のフィジーカーであり、元調理師という異色の経歴の持ち主で、大会前の減量期間はこのメニューで統一させ体重を調整している。

調理方法も至ってシンプルで鶏むね肉、オクラ、米、乾燥ワカメ、干しシイタケ、カレー粉を炊飯器へ入れ、たっぷりの水でお粥のような状態に炊き上げる。この水を含んだ状態が沼に見えることが由来だそうだ。見た目はともかく、たっぷり水分を含んでいるため非常に腹持ちが良く、10合窯で作っても1800kcalと成人男性一日分の摂取kcal程だ。

一日で完食するのが厳しい程の量なので飢餓感はまず出ない。

驚くべきは減量時に気遣うべきタンパク質・脂質・炭水化物のバランスがしっかりと摂れることだ。つまり、急激に痩せて体に負担が掛かる無理なダイエットにならないのだ。短期間でのダイエットはリバウンドを起こしやすいので緩やかに落として行くのが理想的。あとは飽きずに食べ続けることが課題だがカレー粉の代わりに白だしを加えたり、キムチを入れる等の高脂質にならないトッピングや味変で楽しみながら無理なくダイエットが出来る。

加えて筋トレや有酸素運動を取り入れることが出来れば理想的だ。まずは2週間を目安に沼と運動を行いながら体重を測って、全身の写真を毎日残してみると違いに驚くはずだ。