子供の口臭の原因と解決法

私は歯科衛生士として働いているのですが、お子様の口臭が気になるとのご相談を多くいただきます。

子供なのに何故口臭がするのか。

原因と解決方法をお話しします。

口臭の原因としてあげられるのは、

①口腔内が不衛生②口腔内の乾燥

この2つが最も多いです。

それぞれの原因・解決法を軽くまとめてみました。

①口腔内が不衛生な場合

不衛生な状態だと磨き残しや腫れた歯ぐきからの出血に細菌が集り、その細菌が悪臭を発生させます。

その悪臭が口臭の原因の1つです。

「毎日歯磨きさせています」とおっしゃる方は多いですが、子供が1人で歯磨きを完璧に行う事はとても難しいです。

では、どうすれば磨き残しが減るのかお話しします。

★磨き残しを減らす方法★

まず自分で歯磨きをさた後、仕上げ磨きを行いましょう。それだけで磨き残しは減ります。

仕上げ磨きは10歳あたりまで行うのが理想です。

忙しい方や嫌がる子には、3日に1回や週に1回だけでも大丈夫です。

大人の手でも綺麗にする事が大切です。

仕上げ磨きが嫌いな子は、ドラッグストアの子供の歯ブラシコーナーにある汚れをチェックする液などを使用し染まった所を自分で磨かせる、鏡を見て磨かせる、歯医者で歯磨きの指導をしてもらうなどの工夫をしてあげましょう。

②口腔乾燥の場合

口腔乾燥が起こる子供は、口呼吸の子が多いです。

口呼吸は口臭だけでなく、歯並びにも影響してきます。

口呼吸を行う原因として考えられるのは、

1.鼻詰まり

2.口の周りの筋肉が弱さ この2点です。

ブレスマイルウォッシュ

★鼻詰まりの場合★

耳鼻科を受診し、少しでも鼻の通りをよくしてあげましょう。

鼻炎やアレルギーなど解決が難しい場合もありますが一度耳鼻科に相談されてみて下さい。

★口の周りの筋肉が弱い場合★

この場合いつもポカーンと口が開いているため口呼吸になっているので、筋肉を鍛えてあげましょう。

【お家でできる鍛え方】

1.ボタンに糸をつけて歯と唇の間にくわえさせる

2.くわえたら自分や誰かに糸を引っ張ってもらう

3.口からボタンが出ないように、唇に力を入れて抵抗する

これを暇な時にこまめにすると、筋肉がつき口が自然に閉じて鼻呼吸になります。

(小さいお子様が行う際、誤飲しないように大人と一緒に行いましょう)

今回は口腔内が原因の場合のお話をしましたが、体内が原因の場合もあります。

全てのお子様が口腔内が原因とはかぎりませんので気になる方は一度歯医者で診てもらいましょう。