私の尽きない肌悩みと模索の日々

私は30台のOL。26歳を過ぎたころから肌に悩み始め、なんとか自力で綺麗な肌を取り戻すべく模索中です。そんな私は小学校5年生の時に宝塚歌劇団に憧れ、気付けばスキンケアを買いそろえる程の美容オタクと化していました。目は二重になるように授業中はずっと目をこすり、鼻筋を高くするために暇さえあれば鼻をつまんでいました。

ライスビギンの効果と私の口コミ!届いた様子から解約方法まで全解説!

しかし、幼いころからずっと野外のスポーツに明け暮れていたため蓄積した日焼けと仕事の忙しさを言い訳にスキンケアを怠っていたせいで、いつの間にか頬には薄いシミ、目じりにシワ、元気がなくハリのない肌に悩むように…。高い化粧品に手を出してみたり、ネットで評判の韓国コスメを買い漁ったり、色々と努力はしています。

ただ、理想の肌には程遠く、もう盛れるアプリの写真にしか写りたくない!!調子が良いと思ったら、また悪くなったりの繰り返しです。

最近は、基本であるクレンジングを見直すべく色んな製品を試しています。(色々試すのも肌には負担なのかもしれないと思いながら…)オイルはメイク落ちはいいが、どうしても乾燥してしまう。ジェルはアイメイクが落ちずらい等々、私の肌に合うのは一体何なのだろうと、私の美容模索はこれからも続きそうです。60代にして私より肌のきれいな母はこう言います。「色々としすぎない事が一番。」いつか私に合う美容法に巡り合えますように。