髪が綺麗な人の生活は何が違うの?秘訣とは?

綺麗な髪の人を見ると想像してしまい「どんなシャンプーを選ぶのか」、「どんなコンディショナーを使っているんだろう」とヘアケアに何の商品を使っているのか、お手入れ方法を知りたいと思ってしまうものです。

 しかし、そういった商品の効果もありますが、それ以外がとても大切だったりしますね。髪が綺麗な人は、普段から食生活や生活バランスに気を使っている方が多いのが現状でしょう。

特に大事な要素となるのが食事と睡眠になります。

ノアルフレシャンプーの口コミ&評価!薬局などでは購入できるか?最安値通販もご紹介!

食事

食事で普段からビタミンやミネラル、アミノ酸などを意識して摂取している人は綺麗な髪の毛を生成している可能性が高いです。

睡眠

睡眠時間と就寝時間も重要になります。

毎日定期的に同じ時間に就寝していても、一日の睡眠が6時間以上寝ていないと成長ホルモンの分泌量に変化が生じてしまいやすいのです。そうなると、

うまく髪の毛が育たないということに繋がるでしょう。

特にゴールデンタイムとも言われている夜10時から深夜2時までの間に寝ているか寝ていないかで睡眠の質が決まるともいいます。

髪を綺麗にするアドバイス

どんなにシャンプーやトリートメントなどにこだわっていても、根本的に内側からの生活習慣を見直すことをしない限り、栄養が髪に行き渡らないため強くたくましい髪の毛を生成することはできないのです。

とはいえ一人暮らしの場合や仕事が忙しくなればなるほど、なかなかしっかり食事ができないため、栄養の偏りや野菜不足ということもにもなりやすく、解消しにくいのが現実でしょう。そういったときは1人分として販売されているサラダを食べるなど、食べる時間が取れない方は、サプリメントで補給するというのも一つの手段になります。

 サプリメントの場合は、ビタミンCやビタミンB2、鉄分などがあります。成分ごとに分かれて販売されていることが多いため、不足がちな栄養素を補うのに適しています。しかし、鉄分を効率よく吸収するために必要な栄養素として、ビタミンCやタンパク質、クエン酸なども同時に摂取するなど、一つの効果を生むためには、栄養の摂取の仕方にも注目しましょう。


ブラッシングは髪の毛に効果的

最近私がヘアケアで大事にしているのが、ブラッシングです。これまでは、いかに良いヘアートリートメントを使うか、話題のシャンプーを試すのか、人気のヘアオイルを塗るのかなどに、神経を使ってきましたが、最近はいかに気持ちの良いブラッシングをするかにポイントをおいています。

トリコレの温感ヘッドスパトリートメントを購入した私

ブラッシングをすることで得られるポイントは、まず髪の毛がさらさらスルスルになることです。目に見えない、ホコリや絡まりをなくし、キレイに整えることができます。また、ブラッシングをすることで、頭皮にも良い刺激となりマッサージ効果も得ることが出来ます。血行が良くなることで髪へも栄養が行きわたり、髪質が良くなったり抜け毛防止にも役に立ちます。艶とこしのある健康的な髪の毛にするためにも、とても効果的です。私の場合は、本つげぐしでブラッシングするのが特にオススメです。天然素材でできたブラシは、本当に頭皮にも効果的で、すごくスッキリ気持ちよく、フケやかゆみの予防にもなります。

シャンプーによる洗いすぎも髪にはよくないので、髪の毛をさっぱりスッキリさせたい時は、しっかりとしたブラッシングが効果的でオススメです。ただ、プラスチックなどの素材は、静電気などが発生して髪の毛にダメージを与えたり、ホコリが集まる原因になりかねないので、つげのくしなど天然のものが良いと思います。


癖っ毛とパサつきの困難

癖っ毛にとてもなやんでいます。毎朝の忙しい時間帯でのヘアアイロンはストレスになりますし、縮毛矯正をかけるのにもお金はかかります。縮毛矯正をかけても美容院によってはすぐ落ちてしまい無駄になることもしばしば…。

http://www.tabisaki.jp/

ローコストなことを思うとヘアアイロンですが、湿気に弱い為せっかく朝頑張ってセットしても雨だとすぐ落ちて癖っ毛がでてきてしまいます。

また癖っ毛だと見た目がパサついてみえたり、まとまらなかったりであまり綺麗な印象を持たれないことがあります。

オイルなどでまとめたりケアしても油ギッシュにみえてしまって清潔感というより小汚い印象になることもあります。何にしてもデメリットは多いです。

カラーリンクしても、赤系を希望すると色が抜けやすい為すぐ綺麗な感じではなくなります。

そうやって絞っていくとなかなか自分の好きな髪色になることは難しく諦めなくてはいけない面もいっぱい出てきます。

先日も美容院行って春なので明るい髪色を希望したら、やめといた方がいいと言われてしまいました。癖っ毛の人は明るみより暗い感じの方が映えるの言われましたが、やっぱり好みの色にはなりないです。

あと悩みの一つとしては髪が太いことです。太くて硬めの髪なので柔らかさがないです。その為毎週のトリートメントはかかせないものとなっています。


ドライヤーの温風と冷風で前髪の寝癖対策

元から髪はロング派です。ノ・アルフレはマツキヨやドンキなどで購入可能?私の口コミをこっそりご報告!

今ももちろんロング。

髪を巻くこともなくずっと過ごしてきたけど、最近気になるのが前髪の寝癖です。

後ろの髪はお風呂でのトリートメントだったりシャンプーなどにとても気をつかってきたけど、前髪にはそういえば気にかけていなかったように思います。

そのせいか、最近になってよく前髪に寝癖がつき始めてしまったのです。

それもなかなか直らない寝癖。

なので朝の用意の時間が多少長くなりました。

最近気になる前髪の寝癖対策ですが、なにからして良いのかとても悩みました。

実は結局いまも対策は見つかってないのですが、実行してることがあります。

寝る前にドライヤーをして髪を乾かすときに、今まで前髪はどちらかというと自然乾燥に近かったのですが、いまはしっかりとドライヤーで乾かします。

後ろ髪と同様に前髪も同じくらいしっかりと乾かすようにしました。

そしてただ乾かすのではなく、温風で乾かしたあとに冷風でも同じように風を当てて乾かすようにしています。

そうすることで多少は朝起きたときの寝癖が付いてない日があります。

これが効果があるのかはまだしっかりと確証はないので、もう少し温風で乾かし、冷風でも乾かすことをやっていきたいと思います。


髪のベタつきについて

昔から髪のベタつきにずっと悩んでいました。汗をかく夏場や、梅雨の時期は特にひどいです。ベタつき予防のために、朝にシャンプーをしていましたが、朝シャンプーでスッキリしたはずが、時間が経つとベタっとしてくるのです。ひどい時は夕方になると、前髪を5つに割ったみたいに束になり、わかれてしまうのです。特に、前髪は大事なポイントで、セットでも時間をかけていた部分だったので、気になって仕方がありませんでした。ベタつく前髪を見て、鏡の前で落ち込むこともしばしば…。

プレミオールスターターセットは効果あり?私の口コミや販売店での市販状況などをレポート!

シャンプーを変えたり、さらさらタイプのトリートメントやヘッドスパなど色々とやってみましたが、私の髪の毛には変化がありませんでした。

色々と調べる中で、朝シャンプーのマイナス点を知り、思い切って朝のシャンプーをやめました!ベタつきの気になる私にとって、何年も続けていた習慣を変更することは、断腸の思いです(笑)。最初は、朝シャンプーのすっきり感がなくなったことで、ベタつきが気になりソワソワ…。ですが、2週間くらい経つと、ベタつきが減ったように思えました!今も続けていますが、以前のひどいベタつきと比べれば、前髪のベタつきは軽減されているように思います。どうしても夏場は汗をかくので、気になりますが、その際は、ぬるま湯でさっと前髪のみを濡らして、ドライヤーをしています。


髪は個性だ

髪について思うことは、髪も個性が出るということだ。天然パーマの人、薄毛の人、色素の問題など色々だ。

そして、10人十色で髪の毛の悩みも人それぞれだと思う。

クイーンズバスルームは評判通り?私の口コミ&体験談を辛口評価でお届けします!

私の髪も中学生の頃から白髪が出始めており、今では数えきれないほどの白髪が見えている。毎回、散髪後に黒染めを行うのだが、これもまたストレスになる。白髪予防のための健康法や食事なども試したのだが、これも上手くいかず未だに悩んでいた。

しかし、高齢の方の相手をする私としては、いつか自分達も高齢になることを考えて、いつかは白髪になる覚悟をしなくてはならない時がくるのだと感じる。その時に、私は木村拓哉のドラマ、「教場」で見せたカッコいい頭髪になっていたいと密かに思っている。

美容院に行くときにも、本当は美容師さんも気にされてスタイリングをしてくれるのだが、白髪に対してどう感じているかなど、もっとフランクに聞いてきても良いと感じてしまう。

髪型には個性が出ると書いたが、日本人はそこが苦手なのかもしれない。もっと髪型を楽しみ、自分に合ったスタイリングを見つけるべきだと思う。

最近はYouTubeやネット動画など、海外の俳優さんやモデルさんも見ることが多くなった。日本人も髪型に対してもっとグローバルに考えるべきだと思う。


最悪な髪質

私の髪質は簡単に言うと、最悪な状態です。

パサつきがひどく表面の毛がチリチリしています。ブリーチなどもダメージになることは避けているのに…。

美容室でカラーしてもすぐ色が抜けてしまいます。色が抜けてくるとブリーチしたこともないのに、金髪のような黄味がかった色になっていく感じです。

美容師さんにも毛が細く絡まりやすい毛質だと言われています。ちょっと良い美容室でいいお値段のコースで施術してもらったり、シャンプーやトリートメントを試してみたり、といろいろやってみましたがあまり効果はありませんでした。

もう体質的に?髪質的に?もうダメなのかなと思っています。

髪質改善も興味がありますが、大きな出費になるのでなかなか手を出せません。

今は彼の要望で、ロングに伸ばしているのですが、せっかく伸ばしても指通りも最悪で全然綺麗に見えなくて、本当に悲しいです。絶対彼が望んでいるロングではないです。

これ以上のダメージが怖いので、コテで巻いたりすることもなかなかできません。

シャンプーやドライヤー後の抜け毛や切れ毛もすごいですし、薄毛も心配です。母も似たような髪質で少し薄くなってきているように感じます。

ダメージになることは避けているつもりなのに、どうしてこんな髪質なのでしょうか…。

本当に、さらさらでしっかりした髪の毛に憧れます!


1歳を迎えるころまではサラサラヘア

私は天然パーマです。髪質は父とそっくり。遺伝です。

私の主観ですが、髪質によってその人の性格がわかるような気がします。

ストレートな人は、性格もそのまままっすぐで少々頑固なところがある、天然パーマの人は性格がふわふわしていて自由人が多いなどなど。私の勝手な解釈ですが、自分も父もそのような感じがします。

母曰く、私が1歳を迎えるころまではサラサラヘアだったそうです。が、初めての誕生日を迎えたあたりから変化が…。あだ名は「がっちゃん」。ド〇タースランプアラレちゃんに出てくるちびっ子です。あの頃から私は、ボンバーヘアに悩まされてきました。自由人の第一歩です。

雨の日にうねり、汗をかくとうねり、湿気がある日は本当に悩みました。なかなか思うようにいかない髪形に、少々性格が歪んでしまうときがあります。

「どうせ今日も髪の毛ウネウネになるんやろ…もういいわ…」というように。

見かねた母が、私が中学生になるころに縮毛矯正をあてに行かせてくれました。そこから、髪の毛ピンピン時代が始まります。当時は自然なまっすぐではなく、ヘルメットをかぶったような超まっすぐな髪形でした。ウネウネかピンピンか。悩んだ挙句、私はピンピンを選び、不自然にまっすぐになった髪形で学生時代は過ごしました。

縮毛矯正歴20年ほど経ちますが、今は薬剤や技術の発達により、傷まない且つ自然にまっすぐな髪形を実現させてくれるヘアサロン様が増えてきました。本当にありがたいです。

天然パーマは一生付き合っていくしかないので、ヘアアレンジを楽しみながら、また髪の毛をいたわりながらこれからも過ごしていきたいと思っています。


広がる髪の毛

お風呂上りにブローして、よし!ちゃんとセット出来たなと思っても、次に鏡を見たときには髪が広がってあちこちにアホ毛が立ってしまいます。
まるで捨て犬のような髪質です、、

この悩み、30歳前後から感じるようになりました。
少しでもダメージをなくそうと、ドライヤーをかける前にはヘアオイルを使いますし、カラーやパーマもしていません。アイロンやこても普段は使わず、デートや女友達との食事会のときくらいです。

髪って濡れた状態だとダメージを受けやすいそうで、お風呂から上がったらすぐに乾かすようにしてますが、良くならないですね。

美容院でカットしてもらってから1週間くらいはそこそこキープできますが、1週間を経過するとアホ毛全盛期です。

もう仕方ないので、まとめ髪にすることが多いのですが、たまには纏まった状態の髪を楽しみたいものです。
頭皮の血行不良があると髪がうねったり、アホ毛になったりする原因になるそうです。定期的にヘッドスパへ行くようになって改善された気がするので、今では自宅でも入浴時に頭皮マッサージをするようにしています。
あとは髪の元となる良質なたんぱく質の摂取が大切ですね!意外とタンパク質って1日の必要量をとれていないことが多いので、意識するようにしています。

あとは運動することによる成長ホルモンの分泌ですね。なかなか億劫で運動できていないのですが、艶やかな髪の為にも楽しんで出来る運動を探そうと思います。


髪がゴワゴワになってきた

30歳手前の男性です。若い頃は髪を染めたり、パーマをあてたりと、あまり髪によいことは行ってきませんでした。

髪を洗う時も、適当なメンズシャンプーを薬局で買っては、何も考えずに使っていたことが多かったです。お風呂から上がると、髪の毛をしっかり乾かすこともあまりありませんでした。

髪の毛が短かったこともありますが、タオルで適当にガシガシと拭いて、あとは自然乾燥に任せていました。もちろんドライヤーなんていうものを持っているはずもありませんでした。髪の毛の保湿という概念ももちろん知らず、洗ったら洗いっぱなしのほったらかし状態になっていました。

若い頃はそれでよかったのでしょう。ところが20代後半に差し掛かった頃から、髪の毛のゴワつきが気になるようになってきました。

髪の毛は短髪ではあるのですが、頭を手櫛ですくと引っかかるようになってきたのです。髪の毛のセットをしようとしても、髪の毛のゴワつきがワックスに勝り、なかなか思うようにセットができなくなってきました。ゴワつきには様々な要素があると思いますが、髪を痛める一番の原因は、洗った後の自然乾燥であると、ヘアスタイリストさんにお聞きしました。

それ以来、ドライヤーを購入し、お風呂の後はしっかりと乾かすようになりました。そうすると、不思議とゴワつきもおさまってきたような気がしています。