初めて飼ったわんちゃん!さくら!

ペットショップで私的には一際目立っていたパイドのフレンチブルドック。出会って一目で気に入り抱っこさせていただいたら『飼って飼って』アピールで私の胸にしがみ付いてきた女の子をさくらと名付けてもう5年になります。風邪を引いてるとのことでその日は契約だけしておいていき一週間後に引き取りにいったら少し大きくなっていて笑いましたが、『飼って飼って』アピールは変わらずカゴに入れて自宅に帰りました。比較的大人しい子なのかなと思ってゲージに入れ静かにそっとして触らないように

効果なし?Ta-Ta(タータ)を3ヶ月愛犬に与えた

夜泣きしても構わない方がいいと言われるなど、私たちにとって初めての犬の飼育それは大変でした。子犬はまるで野獣のようで何もわからないのでなんでも噛みつくし、

飛びかかってくるしで、でもトイレだけはペットショップで教えられていたのかちゃんとトレーにしてくれて、とても助かりました。それでもちょっと目を離すとうんちをしたところを踏んでしまい、走り回られたりと、家中雑巾を手によくさくらを追いかけたものです。そんなある日ふと気づくととても頭が良くなったというか、甘噛みをしなくなったし、物を破壊しなくなり、変に走り回らなくなって驚かされました。ご近所で子犬がヤンチャで大変だと言われると、ある日突然変わりますよと答えています。

犬は本当に頭のいい動物なのだなあと思っています。さくらは特別何かができるという訳ではありませんが、最低限のことはわかっているそんな感じが飼い主の私たちには分かります。今5歳になったさくらは決して利口な犬とは言えませんが、飼い主の私達に問題があり、6年になりますがまだまだ躾をしっかり繰り返し諦めずに行いづつけています。とにかく何事も諦めずにさくらと接し行くつもりです。